東大阪からこだわりの花をお届け|shimizu garden(シミズガーデン) shimizu garden(シミズガーデン)は、 東大阪の自家農園栽培のお花を扱う新しいスタイルの花屋です。 季節のお花の定期便(お花のサブスク)をはじめ、男性オーナーフローリストが「カッコいい」を意識し、 旬の花々をセレクトして束ねたブーケやアレンジメントは、おしゃれな方へのプレゼントや贈り物におすすめです。 長期間飾れるドライフラワーアレンジメントやスワッグには、人気のワイルドフラワーも取り入れておつくりいたします。

天然藁を使ったおしゃれなフレッシュしめ縄

お正月は、「歳神様(としがみさま)」と言われる豊作や健康をもたらす神様を家庭に迎える特別な日です。

神様を家に迎え入れ、たくさんの幸せを授けてもらうために、うまれたお正月行事や習慣の中に、玄関や神棚に飾るしめ縄があります。

本来は神聖な区域とその外とを区分するための標(しめ)であるという意味をもつ神祭具であり、家庭に飾るしめ縄は、お迎えするのに相応しい神聖な場所であると歳神様に示す大切な習わしでもあります。

 

神棚と玄関の2箇所に

 

基本的に自宅で飾る場所は、神棚か玄関の2箇所ですが、片方だけでも大丈夫です。

 

すす払いの日から松の内まで

 

お正月準備の開始日は、大掃除の起源とされるすす払いの日(12月13日)と言われています。

そのため、13日から31日の間に飾り始め、松の内の1月8日に飾り終えるのが正しい飾り方となります。

ただし29日は二重苦、31日は一日飾りと呼ばれ、縁起が良くない日とされていますので、この2日間に飾るのはできるだけ避けた方がよいでしょう。

 

とんど焼き(左義長)で燃やす

 

1月14日、または15日に行われる火祭り、とんど焼きでしめ縄を燃やすのは、無病息災を願って出迎えた歳神様を炎とともに見送るという意味があるそうです。

 

シミズガーデンのしめ縄は、東大阪の米農家さんと一緒に鎌を使って手作業で刈り取った天然藁を使用しています。自然の藁の香りが残るこだわりの素材です。

2020年産のお米は豊作ということであり、2021年のラッキーカラーのラベンダーも取り入れた縁起もよいしめ縄になっています。

 

コメントは受け付けていません。

特集

東大阪からこだわりの花をお届け|shimizu garden(シミズガーデン) shimizu garden(シミズガーデン)は、 東大阪の自家農園栽培のお花を扱う新しいスタイルの花屋です。 季節のお花の定期便(お花のサブスク)をはじめ、男性オーナーフローリストが「カッコいい」を意識し、 旬の花々をセレクトして束ねたブーケやアレンジメントは、おしゃれな方へのプレゼントや贈り物におすすめです。 長期間飾れるドライフラワーアレンジメントやスワッグには、人気のワイルドフラワーも取り入れておつくりいたします。

〒578-0933
大阪府東大阪市玉串元町2-12-23

080-1413-0404

10時30分~16時
定休日:日、月、火、不定休